修羅場

男女間のトラブルだけじゃない、以外と知らない修羅場の意味

修羅場という言葉は、現在ではほとんどの文脈において、男女間のトラブルの場、特に三角関係が絡んだ一発触発の状態のことを指して使われているように思います。これは、阿修羅が三つも顔を持つ悪神であることからきた転用かもしれません。しかし、修羅場という言葉の本来の意味は、こうした男女間のトラブルを指すものではありませんでした。仏教には帝釈天という仏法を守る神がおり、この帝釈天と戦う悪神こそが、修羅場の「修羅」でおなじみの阿修羅です。この帝釈天と阿修羅が闘いを繰り広げる場所を修羅場といい、そこから本来は血みどろの争いが繰り広げられる場所という意味で使われてきました。歌舞伎や人形浄瑠璃などの伝統芸能では、闘いのシーンのことをこう呼んでいるようです。とは言え、現在では最初に述べましたように、男女間トラブルとしての意味がすっかり定着しており、辞書によっては解説にその旨を明記しているものも散見されますので、間違いではないでしょう。また阿修羅を用いて、修羅場と同様、血みどろの闘いが繰り広げられる場所をあらわす言葉として「修羅の巷」があります。

恋愛的な修羅場がおこった時に効果的な復讐の方法

ドラマなどでもよくある配偶者の浮気による修羅場、実は実際にもよく起こりうることでもあります。そんな修羅場におちいってしまった時、もしもあなたが浮気をされた場合や、だまされていた時の場合、感情的ではなく社会的にもしっかりと効果のある復讐をするにはポイントがあります。まず、修羅場だと認識した時点で、証拠集めを開始することが重要です。録画、録音する機器をもっていればできるだけ活用しましょう。感情的になって相手に暴力行為をしてしまえば、倫理的に悪いはずの相手から慰謝料請求されてしまったり、また刑事事件として扱われてしまうと、あなたの社会的立場も悪くなりかねません。ですので、なるべく冷静に行動をおこすようにしましょう。自分で証拠を掻き集めるとどうしても感情的になってしまいグーパンチで殴りそうになってしまう人は興信所ランキング!浮気調査・素行調査に強い興信所はココ!で紹介している探偵などを使って第三者に証拠集めをして貰うのも自分の身を守る一つの手段だと思います。そういった恋愛的修羅場が起こった時には今後、相手とどういった関係性を望むかしっかりと意思をもつことも大事です。意思、そして冷静にふるまうこと、そして証拠をつかむこと、この3つを心得ておきましょう。

浮気はデリケートな問題なので下手に修羅場は作るべきではない

離婚大国と呼ばれる日本ですから、多くの人が浮気を経験したことがあるのではないでしょうか。中にはパートナーと別れて相手と結ばれて幸せになったという人もいらっしゃるかもしれませんが、ほとんどの場合はパートナーにバレて修羅場となるようですね。さて、この修羅場ですがただバレるだけではなく、どれくらいの期間していたのか、2人の関係はどの程度まであるのかなどといった要素によってその厳しさが変わることもあるようです。場合によっては慰謝料の請求ということまで発展することもあります。またその際に相手からの反論があると最悪の場合、裁判ということにもなりかねません。浮気とは時として修羅場を通り越した事態となってしまう可能性があることを知っておかなければなりません。しかし中には、パートナーの浮気を知ってその現場に自ら修羅場を作りに行く人もいます。ですが前記したような事態も考えられますし、パートナーが自分のところに戻ってきてくれるとも限りません。多くの人が考えているよりもデリケートな問題ですので、感情的にならず行動一つ一つをよく考えてから起こすようにした方が良いのではないでしょうか。

旦那の浮気現場を目撃して修羅場になること

結婚しても男は浮気するものとはよく言います。そしてそれは大体奥さんにばれるものです。男は分かりやすいですし、そういうときの女のカンというものはあなどれないものです。ずっと一緒に暮らしていたら、相手の怪しい行動などはすぐに分かるものです。問題はそこを見て見ぬふりをするのか、真実をつきとめるかによるのです。旦那さんに聞いたところで浮気を認めるはずはありません。しかし妻という立場になるとプライドもあります。証拠を見つけたいという人もいるでしょう。そうやって修羅場を体験した人も少なくないかと思います。それによって旦那さんと離婚することになった人もいるでしょう。真実を知ったからといって、幸せになれるとは限らないのです。旦那さんが嘘をついているうちは、まだ家庭を守りたいと思っている証でもあります。そこを知らないふりをするのか、真実をつきとめるのかは奥さんの自由でもあります。自分も家庭を守りたいと思うのなら、ときには嘘も必要なのです。

修羅場を起こさない為に結婚式の招待客は重要

多くの人にお祝いしてもらえて、嬉しい一日の結婚式。結婚式を準備していくなかで重要なのどんな人を招待するのか。お互い、招きたいと思う人もいるでしょうが、ここは大事なポイントです。お互い結婚するにあたり、理解しあっていると思います。ただ、交際遍歴まで全て理解しあえている人はなかなかいないのではないでしょうか。何となく気になっても聞けない部分であったりします。結婚式に疑いを持っている人の姿があったら、また、親しく話をしていたら、最高の結婚式も台無しになり修羅場となってしまいます。お互いの交際遍歴に謎があったり、異性交遊に心配がある人は招待客を決める前に、職場関係以外は異性は呼ばない・2次会から。など細かい決まりを作ったうえで招待客を決めていきましょう。結婚式は、友人だけではなく親戚関係もいるので大切にしたいばです。心から思い出に残る一日になるように、招待客の選び方は重要なポイントです。人生で最大の幸せな思いをする為に、準備は細かいところまで必要なのです。

修羅場劇場【浮気・離婚・キチママ・姑】メニュー